戻る

ポイント数について

あなたのポイント数を計算してみましょう

該当するお取引項目をチェックしていただき、ポイント計算ボタンをクリックしてください。
  • ご本人のお取引のみを集計するものとし、ご家族のお取引などは合算しないものとします。
  • ポイントの対象となるお取引基準などについては、「百五ポイントサービス」規定 をご覧ください。
内容 お取引項目 ポイント あなたの
ポイント
お取引年数 0
2
3
4
自動受取り

※両方お受取りの場合も10ポイント
10
3
お預り資産合計残高
(定期預金・積立定期預金・通知預金・公共債・投資信託・外貨預金・金融商品仲介など)※1
0
2
4
6
8
10
20
お預入れ 2
2
2
3
1
3
2
公共料金自動支払い



2(1項目)
3(2項目以上)
105BESTIO、百五DCカードまたは百五JCBカード※3
※最大10ポイント
3
10
個人向け住宅ローン
※最大10ポイント
10
4
3
個人向けローン(証貸) 4
1
個人向けローン(極度型) 2
合計ポイント
0 ポイント

  1. お預り資産合計残高は、定期預金・積立定期預金・通知預金・公共債・投資信託・外貨預金・金融商品仲介などを含みます。(普通預金・貯蓄預金・年金保険などは除きます)
  2. 現在、貯蓄預金新規のお取扱いは中止しております。
  3. 105BESTIOまたは百五DCカード利用代金(年会費を含みます)の自動引落しが、過去1年以内にある場合に3ポイントをカウントします。なお、4月1日~翌年3月31日の自動引落し金額の合計が5万円以上の場合には、3ポイントに代えて、翌々年度4月第1営業日まで10ポイントをカウントします。なお、3ポイントに代えて10ポイントをカウントする時期は、合計5万円に達した翌月第1営業日の翌日からとします。また、一部のカードは対象とならない場合がありますので、詳しくは窓口でおたずねください。
  4. 平成17年4月1日以降に各種住宅ローン(担保付)・百五フリーローンなどを完済された場合が対象となります。(住宅金融支援機構などは除きます)
◎ ご留意いただきたい事項
投資信託、外貨預金、公共債、金融商品仲介は元本を下回る恐れのある商品です。詳しくは、ご留意いただきたい事項をご覧ください。
HOME