インターネットバンキングを狙ったウイルス「DreamBot」による被害にご注意ください|百五銀行

戻る

インターネットバンキングを狙ったウイルス「DreamBot」による被害にご注意ください

2017年12月15日

インターネットバンキングからお客さまの預金を自動で不正送金するコンピュータウイルス「DreamBot(ドリームボット)」の被害が、日本国内の銀行で確認されました。
身に覚えのないメールを安易に開封したり添付ファイルを開かないとともに、通常の手続きと異なる不審な画面にてID(契約者番号)、パスワード、暗証番号(第2暗証)などの入力を要求された場合は、入力することのないよう十分にご注意ください。

DreamBotの感染経路について

  1. ウイルス付メールの添付ファイルを開いて感染するケース
  2. メール本文中に記載されているURLをクリックすることで感染するケース

DreamBotの感染チェック

お客さまのパソコン・スマートフォンなどがこのウイルスに感染していないかをチェックできるツールが、一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)の公式サイトで試験運用されています。安全確認のために是非ご利用ください。

万一、このウイルスへの感染が判明した場合、当該パソコン・スマートフォンなどを使用したインターネットバンキングのお取引は控え、直ちにウイルス駆除などの対策を実施してください。

以上

お問い合わせ先(個人のお客さま)

*百五インターネットバンキングをご利用の場合

百五ダイレクトバンキングヘルプデスク

0120-153-105

受付時間 9:00~19:00(月~金曜日)
銀行休業日は除きます。

お問い合わせ先(法人のお客さま)

*百五法人ダイレクトをご利用の場合

百五法人ダイレクトヘルプデスク

0120-169-105

受付時間 9:00~18:00(月~金曜日)
銀行休業日は除きます。

HOME