戻る

外国為替取引に関する取組方針

2018年6月29日

百五銀行(以下「当行」といいます)は、グローバル外為行動規範を遵守し外国為替取引業務に取り組むに際して、お客さまとの取引における当行の方針を策定し、ここに公表いたします。
なお、本方針は、外国為替取引に適用される法律および規制、およびお客さまとの個別の合意に優先するものではありません。

1.当行の取引形態

当行は、お客さまとの外国為替取引に際して、自己の勘定で取引当事者として行動し、取引にともない発生する為替変動リスクなどのリスクを引き受けます。別段の個別の合意がない限り、お客さまの代理人、受託者、フィナンシャルアドバイザーその他の役割としては行動いたしません。
なお、当行はお客さまとの取引により為替のポジション(持高)を保有することになるため、当該ポジションにかかる為替変動リスクなどをコントロールすることを目的に、同時または事後に、外国為替市場においてカバー取引によるヘッジを行う場合があります。

2.お客さまからのお申込み

お客さまからのお申込みは、当行が提示する為替相場に対してお客さまが合意する方法と、お客さまが為替相場を指定して当行へ取引執行依頼(以下「オーダー」といいます)を行う方法があります。

3.オーダーの取扱い

当行は、お客さまのオーダーに関して、特定の方法での執行や、全部または一部の執行を保証するものではありません。別段の個別の合意がない限り、当行は、いずれのオーダーを、いつ、どのような方法で執行するかについて裁量を有します。オーダーの執行は、金融情勢や当行のポジションなどに依存します。当行は、当行自身の判断で、いつでもオーダーをお断りすることができ、執行しなかった理由を開示する義務を負いません。
なお、当行は、「指値」以外のオーダーは原則として取扱いいたしません。

4.当行が提示する為替相場

当行が提示する為替相場は、取引の種類および金額などに応じて、以下のとおりとなります。

  1. 公示相場
    公示相場とは、当行が公示時点において市場実勢と判断する価格に、ポジション管理にかかるコストや収益などを踏まえ通貨ごとに決定される値幅を加味して公示する為替相場です。
    • 公示相場は、為替相場が当行所定の範囲を超えて変動した場合、当行所定の手続きで更改されます。更改後にお申込みいただきましたお取引は、更改後の公示相場が適用となります。
  2. 市場実勢相場
    市場実勢相場とは、各取引ごとに当行が所定の方法でお客さまに提示する為替相場です。市場実勢相場には、当行がお客さまからお申込みをいただいた時点において市場実勢と判断する為替相場に、ポジション管理にかかるコストや個々のお客さまとの取引状況を勘案した収益などが加味されております。
    当行は、同一または類似した取引に対して、お客さまごとに異なる為替相場を提示することがあります。また、取引の金額などに応じて、同一のお客さまに対して異なる為替相場を提示することがあります。
    当行は、提示する為替相場の内訳を開示する義務を負いません。

5.電子取引プラットフォーム

当行は、法人または個人事業主のお客さまを対象に、電子取引プラットフォーム(百五外為WEBサービス)を提供しております。当該プラットフォームご利用にかかる留意点につきましては、別途定める「百五外為WEBサービスご利用規定」などをご覧ください。
なお、当該プラットフォーム上での一部のお取引では、お客さまからのお申込みに際し、その受諾を決定する前にさまざまな確認を行います。これは「ラストルック」と呼ばれるもので、与信審査およびお申込みいただいた為替相場の妥当性検証などが含まれます。「ラストルック」により、当行が受諾を決定するまで、当該取引の執行に遅れが生じることがあります。
当行は、「ラストルック」において、お客さまが希望される為替相場と、当行が執行可能な最新の為替相場との比較確認を目的とした妥当性検証を行います。当行が提示してからお客さまのお申込みを受け取るまでの間に、執行可能な為替相場が変化する可能性があることから、当行はこの妥当性検証をリスク管理上適切な行為と考えています。
お客さまが希望される為替相場が当行にとって不利な方向に動いた場合、取引をお断りすることがあります。また、このような場合以外にも、与信審査など他の検証の結果として取引をお断りする場合があることにご留意ください。

6.お客さまの情報等の管理

当行は、お客さまから開示された機密情報を、行内ポリシー、規程、手続などのルールを定め、適切に保護・管理しております。ただし、法令にもとづく場合や監督官庁などの要請がある場合などには、機密情報を外部に開示することがあります。
当行は、お客さまの取引情報はすべて記録し、相当期間保存いたします。
当行は、取引を通じて当行が取得する情報から想定される利益相反を適切に管理いたします。

7.当行からの情報提供

当行から提供する市場動向や見通しに関する情報は、情報提供のみを目的とするものであり、特定の取引の勧誘を目的とするものではありません。当行は、信頼できると判断した情報にもとづいて情報提供を行いますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、取引に関する最終決定は、お客さまご自身の判断と責任で行っていただくようお願いいたします。

以上

HOME