戻る

確定拠出年金(企業型)

企業が毎月一定額を掛金として拠出し、その資金を企業の従業員があらかじめ用意された運用商品(投資信託、定期預金など)の中から商品を選択し、運用を行います。原則として、掛金は運用実績に応じて60歳以降、一時金または年金として従業員が受け取る年金制度です。
導入から運営まで総合的にサポートいたします。

確定拠出年金(企業型)のメリット

企業

  • 退職給付債務が発生しません。
  • 退職金負担を平準化できます。
  • 掛金は全額損金計上できます。
  • 退職金制度を透明化することができ、貢献度を退職金に反映することができます。
  • 企業型導入済企業からの転職者の受入れがしやすくなります。
  • マッチング拠出や選択制確定拠出年金制度など従業員の福利厚生制度を充実させることができます。

従業員

  • 積立金は信託銀行で個人別に分別管理され、受給権が確実に保護されます。
  • いつでもご自身の積立金残高を確認できます。
  • 運用収益非課税であり、有利に資産形成を行うことができます。
  • ライフプランや資産運用についての情報を得ることができます。

確定拠出年金と確定給付年金の違い

確定拠出年金 確定給付年金
掛金 あらかじめ確定 変動
給付 運用実績により変動 あらかじめ確定
運用方法

従業員自身が選択

企業が選択

運用リスク

従業員が負う(運用実績に応じて将来の受取額が増減する)

企業が負う(運用実績が悪化した場合、企業が補てんする)

退職時の資産移換 可能 可能

確定拠出年金(企業型)の留意点

企業

  • 運営にかかる事務負担や運営管理手数料負担が必要になります。
  • 従業員に対して、投資教育を行う必要があります(当行にて、投資教育サポートを行います)。

従業員

  • 60歳まで原則、中途引出しができません。
  • 将来の給付額が保障されない(受取額が増減する可能性があります)。

関連情報

確定拠出年金(企業型)に関することなら、百五銀行におまかせください

店舗でご相談

店舗を探す

詳しくは、各店舗の窓口へお問い合わせください。

お電話でご相談

営業戦略部

059-223-2315(通話料有料)

受付時間 9:00~17:00(月~金曜日)
銀行休業日は除きます。