• ホーム
  • キャッシュレス・消費者還元事業

戻る

キャッシュレス・消費者還元事業

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

消費喚起の後押しと、キャッシュレス化の推進を目的とした補助金制度です。
実施期間|
2019年10月1日(火)~ 2020年6月30日(火)
消費喚起の後押しと、キャッシュレス化の推進を目的とした補助金制度です。
実施期間|2019年10月1日(火)~ 2020年6月30日(火)
制度対象店舗でキャッシュレス決済を用いてお支払いすると、お支払い額の
5%もしくは2%が還元されます。
  • 制度対象店舗によって還元率が異なります。
  • 一部の決済サービスは、消費者還元の対象外となる場合があります。
消費者還元の対象となるキャッシュレス決済サービスの種類(クレジットカード・J-Debitなど)、対象となる商品については、ご利用されるお店で事前にご確認ください。

還元の方法って?

百五銀行グループには次のキャッシュレス決済サービスがあり、それぞれ還元方法が異なります。
105BESTIO 百五DCカード 百五JCBカード
還元方法 ポイントでの還元(※1) ポイントでの還元(※1) ご請求額からの減算
ポイントの有効期間 3年 3年
還元の上限額 3,750pt / 月(※2) 3,750pt / 月(※2) 15,000pt / 月(※3)
還元内容の確認方法
  • ご利用明細書
  • Webサイト「MyJCB」
還元時期 ご利用月の翌々月(※5) ご利用月の翌々月(※5) ご利用代金請求時(※6)
詳細
J-Debit Bank Pay
還元方法 口座への返金 口座への返金
ポイントの有効期間
還元の上限額 15,000pt / 月
(※3)(※4)
15,000pt / 月
(※3)(※4)
還元内容の確認方法 ご利用代金のお引落口座 ご利用代金のお引落口座
還元時期 ご利用月の翌月
もしくは翌々月
ご利用月の翌月
もしくは翌々月
詳細
  1. DCハッピープレゼント
  2. 15,000円 / 月相当(1ポイント=4円相当)
  3. 15,000円 / 月(1ポイント=1円)
  4. J-DebitとBank Payは、合算して15,000ポイント / 月が上限となります。
  5. 初回の還元は2020年1月
  6. 前月16日から当月15日までのご利用に対する還元分が、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)のお振替時に相殺されます。

ご利用にあたってのご注意事項

なりすまし取引や架空取引など、不当な取引が発見された場合には、これらの取引に対応するポイントなど還元が受けられず、既に付与されたポイントなどが取り消され、本サービスの利用自体ができなくなります。
また、場合によっては、各決済サービスの規約にもとづいて、利用資格を取り消すこともあり得ます。
さらに、当該取引により国、補助金事務局または当行が被った一切の被害は、民法などの法律にもとづいて賠償を求められることがあるため、不当な取引を行うことは絶対にやめてください。

不当な取引[例]

  1. 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己または他者が本事業における消費者還元にもとづく利益を得ること
  2. 架空の売買や、直接または間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引など、客観的事実に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己または他者が本事業における消費者還元にもとづく利益を得ること
  3. 商品若しくは権利の売買または役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己または他者が本事業における消費者還元にもとづく利益を得ること
  4. 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己または他者が本事業における消費者還元にもとづく利益を得ること
  5. 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、または現金若しくは本事業の対象外取引である金券などによる反対給付が行われたにも関わらず、自己または他者が本事業における消費者還元にもとづく利益を得ること
  6. 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元にもとづく利益を得させること
  7. その他補助金事務局が、補助金制度の趣旨に照らして不当であると判断する取引
HOME
  • ホーム
  • キャッシュレス・消費者還元事業