戻る

冬のGO!GO!キャンペーン

個人のお客様限定 冬のGO!GO!キャンペーン 平成29年12月1日(金)〜平成30年1月31日(水) 個人のお客様限定 冬のGO!GO!キャンペーン 平成29年12月1日(金)〜平成30年1月31日(水)
特別金利定期預金特別金利定期預金

特別金利定期預金のご注意事項

  • お申込金額は、10万円以上500万円以下といたします。
  • 原則、新たなご資金によるお預入れに限ります。(当行定期預金からの預替えは対象外となります)
  • 店頭表示金利+年0.05%ではありません。
  • 東京営業部および大阪営業部の窓口では、「特別金利定期預金」の取扱いをしておりませんので、あらかじめご了承ください。
  • 【特別金利定期預金】のお取引に関してご留意いただきたい事項はこちら
「ペンギンピート」キャラクターグッズプレゼント「ペンギンピート」キャラクターグッズプレゼント

キャラクターグッズプレゼントについてのご注意事項

  • プレゼントはお一人さま1つ限りです。
  • 対象商品について、百五ダイレクトバンキングでお取引いただいたお客さまには、お取引店の窓口で、営業時間中にその旨をお申出いただければ、確認のうえ、窓口にてお渡しいたします。
  • 各プレゼントは、各店先着順といたします。なお、営業店によりプレゼントの個数が異なりますので、品切れの際はあらかじめご了承ください。
  • 東京営業部および大阪営業部の窓口では、「キャラクターグッズプレゼント」の取扱いをしておりませんので、あらかじめご了承ください。
キャラクターグッズプレゼント 対象商品一覧キャラクターグッズプレゼント 対象商品一覧

デュエットプランについてのご注意事項

  • 価格などの変動により元本損失を生じる恐れがあります。
  • 所定の手数料をご負担いただく場合があります。
  • ご契約の検討にあたっては最新の契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料をよくお読みください。

このキャンペーンについての詳細は、〈百五〉の窓口またはダイレクト営業センターまでお問い合わせください。

ダイレクト営業センター フリーダイヤル 0120-105-001受付時間/9:00〜17:00(月〜金曜日)銀行休業日は除きます。※自動音声ガイダンスの後に、サービス番号6(その他)をお選びください。
海外、IP電話などからのお電話でフリーダイヤルをご利用いただけない場合は次の電話番号へおかけください。 059-236-1060(通話料有料)

【デュエットプラン】のお取引に関してご留意いただきたい事項

【デュエットプランについて】

  • お申込みは個人のお客さまに限ります。
  • 窓口のみのお取扱いとなります。(ATM、百五ダイレクトバンキングではお取扱いしておりません。)
  • 「デュエットプラン」は投資信託または外貨預金と円貨定期性預金の合算で30万円以上でお申込いただけますが、お申込金額のうち50%以上は投資信託または外貨預金にお預入れいただきます。
  • お申込金額は、投資信託と外貨預金を合算することはできません。
  • 円貨定期性預金のお預入れと投資信託の購入または外貨預金のお預入れを同時に行った場合が対象となります。

【デュエットプラン定期預金について】

  • 表示金利は、当初3か月のみの適用となります。
  • 円貨定期性預金の適用金利は以下のとおりです。
    スーパー定期預金〔自由金利型定期預金(M型)〕
      3か月 年4%(税引後 年3.187%)
    大口定期預金〔自由金利型定期預金〕
     3か月 年4%(税引後 年3.187%)
    ※1,000万円以上のお預入れは大口定期預金でのお預入れとなります。
    例えば、投資信託100万円とスーパー定期100万円をお申込みの場合、3か月間(3か月を90日と仮定)で得られる定期預金の利息は以下のとおりです。
    [税引前] 1,000,000円×4.0%×90日/365日=9,863円
    [税引後] 9,863円-(1,510円+493円)=7,860円
        (国 税/9,863円×15.315%=1,510円、
        地方税/9,863円×5%=493円)
    ※復興特別所得税が付加されております。
  • 満期日に自動的に解約し、元利金をあらかじめ指定された預金口座へ自動入金します。
  • 満期日以降の適用金利は、指定された預金口座の金利が適用されます。
  • 金利は税引前であり、利息には20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金がかかります。
    ※復興特別所得税が付加されております。
  • 定期預金の中途解約は、原則お取扱いできません。やむをえず中途解約する場合には、特別金利は適用されず、当行所定の中途解約利率を適用します。
  • 商品内容や特別金利(年4%)は、金利環境などの変化により、今後変更したり、お取扱いを中止することがあります。
  • 定期預金は、預金保険制度の保護の対象で、同保険制度の範囲内で保護されます。
  • 窓口に商品概要説明書をご用意しております。

【デュエットプラン投資信託について】

  • 投資信託についての留意事項は、【投資信託】のお取引に関してご留意いただきたい事項をご確認ください。
  • 対象となる投資信託の購入金額には、お申込手数料・消費税などを含みます。
  • 百五積立投信でのご購入は対象外といたします。
  • 投資信託の種類によっては、「デュエットプラン」の対象外となるものがあります。対象投資信託については、窓口にてご確認ください。
  • 各商品の詳細については、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」をご覧ください。

【デュエットプラン外貨預金について】

  • 外貨預金についての留意事項は、【外貨預金】のお取引に関してご留意いただきたい事項をご確認ください。
  • 外貨預金は、外貨普通預金および外貨定期預金を対象とします。
    ただし、ウエルカム105(金利優遇型外貨定期預金)、メリットゾーン(新型為替特約付外貨定期預金)は対象外とします。
  • 対象となる外貨預金のお預入れ金額には、為替手数料を含みます。
  • 為替優遇、金利上乗せとの併用はできません。
  • 外貨建てでのお預入れは対象外とします。
  • 外貨預金のデュエットプランを取扱っていない店舗もございます。詳しくは窓口にてご確認ください。
  • 外貨預金の通貨種類や円貨定期性預金のお預入れ金額の割合によっては、ATM、百五ダイレクトバンキングでお預入れいただく方がお得になる場合があります。
  • 詳しい内容については、窓口およびホームページにご用意している商品概要説明書をご覧ください。

【投資信託】のお取引に関してご留意いただきたい事項

【投資信託全般について】

  • 投資信託は預金商品ではありません。
  • 銀行で取扱う投資信託は預金保険制度、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • 当行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は、運用会社が行います。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託を購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託に組入れた株式・債券などの価額の下落やそれらの株式・債券などの発行者の信用状況の悪化、また外貨建て資産に投資している場合は為替相場の変動、さらにそれらの発行者の信用状況の悪化の影響などにより、基準価額が下落し損失を被ることがあります。
  • 投資信託には、換金に制限のある商品もありますので、事前にご確認ください。
  • 投資信託の購入は、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」の交付を受け、重要事項などの説明を受けられたうえで、ご自身の判断でお願いします。
  • 投資信託のお取引に関しては、書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • 投資信託の種類によっては、「百五積立投信」の対象外となるものがあります。

【投資信託のリスクについて】

  • 投資信託に組み入れられている株式、債券などの有価証券により、リスクは異なります。主なリスクとして以下のものがあります。
    株式の価格変動リスク、債券の価格変動リスク、不動産投信の価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク(換金・権利行使・契約解除の制限)、カントリーリスク
  • 各商品の手数料などの詳細については、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」をご覧ください。

【投資信託でご負担いただく主な費用(手数料など)について】

  • 投資信託のお取引に関しては、以下の費用(手数料など)が商品によっては必要になります。
    〈直接ご負担いただく費用〉
    ご購入時のお申込手数料・・・購入金額に対して最高3%(税抜)
    信託財産留保額・・・・・・・・・・・・基準価額に対して最高0.5%
    〈間接的にご負担いただく費用〉
    信託財産から差し引かれるため、別途お支払いいただく必要はございません。
    保有期間中の信託報酬・・・投資信託保有残高に対して最高2.05%(税抜)
    その他費用・・・・・・・・・・・・・・・実際の取引などに応じて事後的に決まる費用であるため、その金額については事前に表示することができません。
  • 別途、手数料にかかる消費税相当額を申し受けます。 
  • 各商品の手数料などの詳細については、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」をご覧ください。

【外貨預金】のお取引に関してご留意いただきたい事項

【外貨預金について】

  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。そのため、当行の信用状況に万が一の事態が生じた場合、お客さまが損失を被るおそれがあります。
  • 外貨定期預金の中途解約は原則お取扱いいたしません。やむをえず中途解約する場合は、解約日の当該通貨の外貨普通預金利率を適用します。
  • 外貨預金のお取引による損益は、外貨預金のお申込みをされたお客さまに帰属します。
  • 外貨預金のお申込みは、最新の「契約締結前交付書面兼外貨預金等書面」の交付を受け、重要事項などの説明を受けられたうえで、ご自身の判断でお願いします。
  • 外国為替市場の動向、金利情勢などによっては、お取扱いを中止したり、為替相場のご提示ができない場合があります。
  • 外貨預金のお取引に関しては、書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。

【外貨預金のリスク、ご負担いただく主な費用(手数料など)について】

  • 円貨から外貨預金にお預入れの際には当行所定のTTSレート(円貨から外貨にかえる換算相場)を、また外貨預金から円貨でお引出しされる際には、当行所定のTTBレート(外貨から円貨にかえる換算相場)を適用し、TTSレートとTTMレート(仲値)の差(またはTTBレートとTTMレートの差)を為替手数料としてお客さまにご負担いただきます。
     TTSレート・TTBレート・TTMレートは為替相場の変動にともなって変わります。
     為替手数料は、1米ドルにつき1円(往復2円)、1ユーロにつき1円50銭(往復3円)、1オーストラリアドルにつき2円(往復4円)であり、TTSレート・TTBレートに織り込まれています。
  • お預入れとお引出しの為替相場に変動がない場合でも、上記の為替手数料がかかるため、外貨預金のお引出し円貨額が、お預入れ時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • お預入れ・お引出し方法や通貨により手数料が異なり多岐にわたるため、全ての手数料などの金額や上限額、または計算方法をあらかじめ表示することはできません。
  • 詳しい内容については、窓口およびホームページにご用意している商品概要説明書をご覧ください。
HOME