戻る

西井 葉子のプロフィール

  • 西井 葉子

西井 葉子 Yoko Nishii

三重県伊勢市出身。4歳よりピアノを始める。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業後、奨学金を得て、クロアチアのイーノ・ミルコヴィッチ音楽アカデミーに入学し、通常4年間の学士課程を異例の2年間で卒業。同アカデミー大学院修士課程修了後、同ピアノ科にて、エフゲニー・ザラフィアンツ教授の助手を2年間務める。2005~2007年文化庁2年派遣芸術家在外研修員として、クロアチア国立ザグレブ音楽アカデミー大学院研究科に留学。国際コンクール受賞歴多数。クロアチア音楽、また広く旧ユーゴスラヴィアの作曲家と音楽の研究・普及にも力を注いでいる。2015年2月クロアチア初の本格的な女流作曲家ドラ・ペヤチェヴィッチの生誕130年記念CD『ドラ・ペヤチェヴィッチ:ピアノ作品全集』(2枚組)をリリースし、同年4月号の『レコード芸術』誌上で準特選盤に選ばれた。同年9月には、クロアチア11ヵ所にてドラ・ペヤチェヴィッチ生誕130年記念コンサートツアーを行う。2016年3月には、ヴァラジュディン(クロアチア)で開催された第2回Jurica Murai記念国際ピアノコンクールの審査員として招かれたほか、在クロアチア日本大使館主催の『日本文化週間』イベントの一環として、ザグレブにてクロアチア盲導犬協会支援のためのチャリティーコンサート開催。2016年9月クロアチア・モンテネグロ・ハンガリーの8ヶ所にて、コンサートツアー。これまでに、富尾光子、兼重直文、小川京子、小林仁、エフゲニー・ザラフィアンツの各氏に師事。現在、愛知県立芸術大学音楽学部にて後進の指導にあたり、またクロアチアなどの音楽祭招聘、国内外でリサイタルを積極的に行っている。

(2017年3月現在)

西井 葉子 ホームページ

HOME