戻る

国債

長期利付国債・中期利付国債・個人向け国債を取り扱っています。
国債は国が発行する債券ですので、信用力や安全性が高い商品です。

長期利付国債・中期利付国債の種類

期間
  • 中期利付国債 2年・5年
  • 長期利付国債 10年
発行時期 毎月
募集時期 毎月
購入対象者 個人・法人
購入単位 額面5万円の整数倍
発行価格 発行月、銘柄により異なります。
発行形態 振決国債(国債証券は発行されません。口座管理手数料は無料です)
利率 固定金利
利払期 年2回
中途換金 金利の変動により価格が上下しますので、償還前に売却する場合には、投資元本を割り込むことがあります。また、発行体の信用状況の変化および外部評価の変化などにより、投資元本を割り込むことがあります。
非課税制度 マル優・特別マル優の利用が可能です。

個人向け国債の種類

期間
  • 固定3年
  • 固定5年
  • 変動10年
発行時期 原則毎月15日
募集時期 発行月の前月(上旬~下旬)
購入対象者 個人に限ります。
購入単位 額面1万円の整数倍
発行価格 額面100円につき100円
発行形態 振決国債(国債証券は発行されません。口座管理手数料は無料です)
利率
固定3年固定5年変動10年
固定金利
(下限は年率0.05%)
固定金利
(下限は年率0.05%)
変動金利
(下限は年率0.05%)
利払期 年2回
中途換金
  • 発行から1年間(第2期利払日の前日まで)は、中途換金できません。(ご本人がお亡くなりになった場合または災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害による被災の場合を除く)
  • 中途換金する場合、額面に経過利子相当額を加えた金額から、直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます。
非課税制度 マル優・特別マル優の利用が可能です。

経過利子について

経過利子とは、「経過利息」とも呼ばれ、債券の取引において、利払いと利払いの間の期間に売買する際にお客さまが支払う利息のことをいいます。
国債の利払いは6か月毎と決まっていますので、購入後、初回利払日には、6か月分の利息を受取ります。保有していない期間においても利息を受取る場合がありますので、実際保有していない期間については、購入時に経過利子としてお支払い頂くということになります。

お取引にあたって

店舗でご相談

店舗検索

  • 国債のお申込みは、各店舗の窓口で承っています。

お電話でのご相談

ダイレクト営業センター

0120-105-001

  • 自動音声ガイダンスの後に、サービス番号2(投資信託・国債)をお選びください。
    海外、IP電話などからのお電話でフリーダイヤルをご利用いただけない場合は次の電話番号へおかけください。

059-236-1060(通話料有料)

受付時間 9:00~17:00(月~金曜日)
銀行休業日は除きます。