日々の業務に必要な銀行取引がインターネットから簡単に行えるサービスです。専用ソフト・専用端末は必要ありません。インターネットに接続できるパソコンをお持ちであればすぐにご利用いただけます。

>>> 【重要】カメラ型トランザクション認証の取扱い開始について
>>> 「2ユーザ認証」方式について
>>> 百五法人ダイレクト不正操作にかかる被害補償制度の制定について





お客さまのパソコンにウイルスを感染させ、ログインIDやパスワード、暗証番号等を盗み取るとともに、遠隔操作により不正な送金を行い、ATMで現金を引出す被害が発生しております。被害にあわないために、ご利用に際しては、以下のセキュリティ対策をお願いします。
必ず実施していただきたいセキュリティ対策
電子証明書方式ログインまたはワンタイムパスワードをご利用ください。
電子証明書方式を利用することで、万一ID・パスワードを盗まれた場合でも、事前に電子証明書を登録したお客さまのパソコン以外からのログインを拒否します。なお、当行がご案内する正規の手順以外での電子証明書のご利用はおやめください。
ワンタイムパスワードは1分ごとに変化するパスワードを入力することで、第三者による不正操作を防止します。ご利用にはスマートフォンまたは携帯電話が必要です。
OS等のソフトウエアを常に最新の状態に更新したうえで、ご利用ください。
メーカーサポートが切れたOSやプログラムなどが入ったパソコンで、絶対に利用しないでください。
セキュリティ対策ソフトを必ず導入し、常に最新の状態でご利用ください。
お取引に利用するパスワードは、定期的に更新してください。
お取引の内容をお知らせする電子メールのアドレスには、携帯電話などすぐに確認できるものに設定し、お取引内容を必ずご確認ください。
実施を検討いただきたいセキュリティ対策
フィッシング対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」をご利用ください。
当行ホームページから無料でダウンロードいただけます。
承認機能を活用し、データの作成者と承認者で異なるパソコンでご利用ください。
都度指定方式振込をご契約いただく場合は、ワンタイムパスワードをご利用ください。
ご利用時は、必ず直近のログイン履歴や取引履歴を確認してください。
都度指定方式振込をご利用いただく場合は、振込限度額を必要最低限に設定してください。万が一の際の被害を最小限にすることができます。
インターネットバンキングをご利用いただくパソコンを専用のものとし、他のインターネットサイト等の閲覧に利用しないでください。ウイルス感染のリスクを低減できます。
未利用時は、パソコンの「電源OFF」「LAN環境の切断」等、インターネットに接続できない状態にしてください。ウイルスによる乗っ取り等、お客さまパソコンへの不正侵入を防止できます。
フリーメール(Gmail、Yahoo!メールなど)を登録メールアドレスとすることは、避けてください。
フィッシングメール・詐欺にご注意ください。
当行から電子メールによりID、パスワード等のお客さま情報をお聞きすることはありません。
また、画面上から一度にID、パスワード、暗証番号、追加認証の入力を求めることはありませんので、不審なメールや画面にID、パスワード等を絶対に入力しないでください。
不審な画面や動きがあった場合は、速やかに当行あてにご連絡ください。
電子証明書の消失にご注意ください。
ウイルス感染が原因となり、電子証明書が突然消失する事象が報告されています。発生した場合は再発行を行わず、速やかに当行あてにご連絡ください。
万が一、身に覚えの無い取引メール、操作履歴を確認した場合は、速やかに当行までご連絡ください。