デキル若手社員のビジネスマナー Vol.1

こんにちは!ピートです。
正しい敬語って・・・難しいよね。

今日は、株式会社百五総合研究所の研究員さんに、「気を付けたい敬語や表現」を聞いてきたよ!

めざせ!デキル若手社員!!

敬語とは?

敬語は、相手への敬意を示す最たるものです。相手や状況に応じた正しい敬語を使うことができれば、相手に大切に思っている気持ちを伝えることができます。逆に間違った敬語は、相手に不快な印象を与えてしまいます。自分と相手の関係性や話題の人物の立場を考えて、正しく敬語を使いましょう。

敬語の種類

敬語には種類があります。使い分けをマスターしましょう。

1. 尊敬語

相手の言動に敬意を示すもの。主語は「相手」。
例:おっしゃる

2. 謙譲語

自分や身内の言動をへりくだって表すもの。主語は「自分」。
例:申す、申し上げる

3. 丁寧語

物事を丁寧に表現したもの。
例:言います

  • 近年では、より綿密に敬語を5種類に分類することもあります。

ビジネスシーンで気を付けたい敬語や表現

×
ごめんなさい、すみません 申し訳ございません
了解しました かしこまりました、承知いたしました
話しておきます 申し伝えます
ちょっと待ってください 少々お待ちください
どうですか? いかがでしょうか?
分かりません 分かりかねます
よろしかったでしょうか? よろしいでしょうか?
おられますか? いらっしゃいますか?

敬語を身につけるには、「習うより慣れること」と言われているんだって!
自然と言葉が出てくるまでたくさん使って話してみよう♪

提供:株式会社百五総合研究所

アクセスランキング

loading...