宇田荻邨 近世・近代日本画家

 宇田荻邨、本名・宇田善次郎は、明治 29年(1896)現在の松阪市魚町に生まれています。
 彼は、幼い時から本居宣長の旧宅・鈴屋を遊び場とするほどに宣長を身近な親しい存在として育ち、絵画の方面に非凡な才能を示していました。 同44年小学校高等科を卒業すると、彼は前出の画家・中村左洲の手ほどきを受けることになります。
 松阪時代の作品には、「魚類写生帖」や「六波羅行幸ノ図模写」などがありますが、荻邨が親しく目にした海の幸を克明に描いた「魚類写生帖」は魚の特徴を巧みにとらえた達者な筆使いを示しています。
 大正 2年(1913)に荻邨は、故郷松阪を離れて京都に赴き、菊池芳文画塾に入塾することになります。そしてこの頃から「荻邨」という画号を用いるようになります。
 ところで、「荻邨」という画号ですが、 彼自身によると、 その由来は伊勢の海岸地帯に多く見られる浜荻にヒントを得て考えた号であるといいます。伊勢の浜荻は和歌や俳諧を通じて古くから広く知られていたものですが、「荻邨」という画号には、京都という異郷にありながらも幼少年時代を伊勢地方で過したこの画家の懐郷の思いが込められていると考えられます。
 師・芳文のすすめもあって、大正3年から同6年まで、荻邨は京都市立絵画専門学校別科で学ぶことになります。そして、同3年から文展へ作品を出品し始めましたが、この頃は全く不遇で、文展では一度も入選することができませんでした。一方、彼は画家仲間の研究会に積極的に参加して、当時盛んに我国に紹介されつつあった西洋の芸術思潮を 貪欲に吸収していきました。
 師・芳文が亡くなると養嗣子菊池契月に師事し、同8年に開催された第1回帝展に「夜の一力」を出品して初入選を果たすことになります。続く第2回帝展入選作「太夫」、第4回帝展入選作「木陰」などは、いずれもアール・ヌーボー調の情念的な傾向の作品で、いかにも大正期京都の新進画家らしい特質を示しています。
 しかし、第5回帝展出品作「巨椋の池」は、中国や日本の古画を学習のあとに示していて、この頃から彼が新しい表現を模索していたことがうかがえます。同 15年第7回帝展に「淀の水車」を出品して特選となり、帝国美術院賞を受賞して、 美術界での地位を揺るぎないものとします。
 以後、荻邨は洛中洛外の様々な風景を清冽な作風で描き出す独自の絵画世界を次々と提示していきます。また、昭和4年には京都市立絵画専門学校の助教授に就任するなど、指導的役割を果たすようになります。
 ところで、荻邨の戦前の代表作を「淀の水車」とするならば戦後のそれは昭和28年第9回日展出品作「祗園の雨」ということができます。 「夜の一力」「太夫」 を描いて以来、祗園周辺の風景は荻邨の重要な題材でした。昭和初期以降、55年1月に京都でその生涯を閉じるまで、 荻邨は清澄で格調高い雰囲気を漂わせた作品を発表し続けましたが、「祗園の雨」にはそうした荻邨画の特質が最も顕著に現れています。

簗
◆簗 宇田荻邨
 昭和8年
 (松阪市立第一小学校蔵)
清冽な水流、飛び跳ねる鮎の描写が印象的


ゆかりの地
 松阪市魚町に生まれた荻邨は、隣の殿町にある松阪男子尋常高等小学校(現在の松阪市立第一小学校)に入魚町界隈学しました。高等科を卒業する頃にはすでに絵の才能を認められていましたが、商人になるようにいう両親や親戚 を説得したのが、高等小学校の校長や図画担当の教諭でした。この説得があってこそ、画家への一歩が踏み出せたといえるでしょう。
松阪市立第一小学校  松阪城跡に近い第一小学校は、今も静かな住宅地にあります。校庭ではラクウショウという大木が荻邨の後輩である子どもたちを見守っています。
前のページ
次のページ

もどる